So-net無料ブログ作成
検索選択

「エリザベート」総括 その5 [観劇]

「エリザベート」総括。最後です。
次に観たのは、舞台で2009年月組版。

月組

トート 瀬奈じゅん   エリザベート 凪七瑠海   フランツ 霧矢大夢   ルキーニ 龍真咲
ルドルフ 青樹泉(役替わり)   少年ルドルフ 羽桜しずく   ゾフィー 城咲あい

この「エリザベート」は久しぶりに楽しめたようだ。
予想外に歌が良く、こんなに歌詞がわかった"エリザ"は初めてと書いている。
これだけでもドラマが見えて、安心して聴けるというのが心地良い。

トート瀬奈さんは、クールで神秘的な美しさに見とれてしまった。ビジュアルだけでOKな感じ。
そこにいるだけで十分というような存在感とスター性があって、まさに"黄泉の帝王"だった。

エリザベート凪七さん。今回は他組からの特出という変わり種。
凪七さんの"エリザ"を観て、この役がいかに難しいかがわかった気がした。
ビジュアルは美しいし、歌も良いのに、エリザベートに見えなかったのだ。
少女時代は今時の現代っ子みたいで、結婚後もそのイメージで孤独や苦悩が深まらない。
明るくて強くて、程良く健康的。ゾフィーとの場面でも、これぐらいのこと、このエリザベートなら軽くクリアしそうだと思えた。二幕目は頑張られたのがわかるが、以前の人には及ばなかった。

フランツ霧矢さん。歌がすごくわかりやすいが、ひたすら真面目というイメージで物足りなさも。
ルキーニさん。強くて、すごく目立った。
ルドルフ青樹さん。今までの人と比べると強いイメージで、独立運動に燃える人物という感じだった。
印象に残ったのはマダム・ヴォルフ沢希理寿さん。ビジュアルも歌も強烈でぴったりだった。


そして5年後、花組の「エリザベート」を観ることになる。
2年前だが、ほとんど覚えていなく、残っていると言えるのは、北翔さんのフランツ
望海さんのルキーニをちゃんと観ていなかったのが(というか当たり前のようにルキーニだと思ったのかも)、悔やまれる。

今年の宙組版は映像で観てみたい。


最後に
舞台で一度だったり、映像で何度も観たりで、公平に決められないかもしれないが、自分のベストキャストを考えてみました。

トート
演技では麻路さきさん。歌では一路真輝さん。
トータルで、もしかして、朝夏まなとさんになる可能性も?

エリザベート
感情移入できる意味では白城あやかさん。
トータルでは花總まりさん(1996年)。
白羽ゆりさん、実咲凛音さんの演技を映像で観たい)

フランツ
印象に残ったのは、稔幸さん、真風涼帆さん。(北翔海莉さんも入れたいが微妙なところも)。
彩吹真央さん、霧矢大夢さんは、今観ると、正統派で案外良いと思うかも。

ルキーニ 
ルキーニという役自体が、舞台で観ても、誰も似たように見えて、わからなかったり素通りしていた。今観て良さそうと思えるのは、轟悠さん、紫吹淳さん、望海風斗さん、かな(タイプがばらばらだが)。
でも、一番印象に残ったのは東宝版の高嶋政宏さん(2012年)
ルキーニが主役にさえ見えたというか、物語全体を動かしている印象があって(すごくわかりやすかった)、初めての経験だった。

ルドルフ
これははっきり順番で、一番は香寿たつきさん、二番、絵麻緒ゆうさん。次は桜木みなとさん、かな。

少年ルドルフ
安蘭けいさん。次は望月理世さん、かな。

エルマー
印象に残った人が蘭寿とむさんしかいない。

ゾフィー
出雲綾さん、美々杏里さん、未来優希さん。

マダム・ヴォルフ 
印象に残っている点では沢希理寿さん。
美穂圭子さん。次は嘉月絵理さん、大河凛さん。

ヴィンディッシュ
陵あきのさん、椎名葵さん。

ヘレネ
役として意識したのは、万理沙ひとみさん、涼花リサさん、しかいないような。

マデレーネ
演技(ビジュアル?)で印象に残っているのは城咲あいさん。
あとは、違いがあまりわからなかった。

他の役はあまりよく観ていないので、判断がつかないです。


今年の東宝「エリザベート」は、チケットが取れませんでした。(花總まりさんのエリザベート、香寿たつきさんのゾフィーが観たかった)。
DVDが出るようで、宝塚とは違った作品を楽しみたいと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。