So-net無料ブログ作成
検索選択

宝塚星組公演「桜華に舞え」「ロマンス!!(Romance)」 [観劇]

宝塚星組公演を観てきました。(B席)
北翔海莉さん、妃海風さんの退団公演なので観たかったのですが、お芝居の演出が苦手な斎藤先生というのが・・・

ファンだった安蘭けいさんの「エル・アルコン―鷹―」。芝居が観られず、悲しかった。
(以前もそうだが)斎藤先生の芝居作品はショーだと割り切って観ないといけない覚悟ができたのでした。
そういうわけで、今回は歴史や配役も知らないまま(勉強のしがいがない)、当日プログラムをざっと読んだだけの観劇でした。

幕の英語で書かれた文字に「やっぱり」な予感が・・・

いつものように展開が速く(暗転も多い)、断片的な見せ場だけで流れて、過程の芝居がないが、以前よりわかりやすかった。
勉強していないので、最初の会津との戦いや、大久保さんと西郷さんの考え方の違いとかよくわからなかった。(もう少し描いてほしいが)
せりふが方言で、これも正直、わかっていないところが多く、想像で補った感じだ。

でも、幼なじみとの友情や、かつての日本人の心情、サムライ魂(?)というのがすごく伝わってきて(北翔さんの宝塚人生もだぶって)、途中も「やばいかも」と思っていたら、最後の戦いの場面で涙ぼろぼろ。

細かい部分はわかっていないので、あまり感想も書けないが
桐野利秋の北翔さん。名前も初めて知った人物だが、ぴったりというのがわかるぐらいに良かった。
演技が演りすぎになりがち(自分の見方)の北翔さんには、すごく合っていた。(歌も斎藤作品でテンポが速い曲を歌詞がきっちり聴こえて感動)。
最後の戦いは演技とは思えないぐらいで、本当に命をかけた(死を意識した)ような戦いの形相に、涙があふれてきた。タイムスリップしたようだった。
とどめが隼太郎のせりふ。すごい熱演。(でも、演技というより地のまま?のように聞こえた)。

隼太郎の紅さんは熱演だったが、演技やせりふ廻しが、自分はやっぱり苦手だ。

八木永輝の礼さん。会津との戦いでは観逃していて(?)、中盤に出てきた時、どういう人かわからなかったが、存在感に驚いた。時代背景に溶け込んでいて、「何かあるぞ」と思わせるようで、追いたくなった。(こういう演技ができる人は礼さんしかいないとすぐにわかった)。
その後も、出番やせりふは少なかったと思うが、一人の人物が息づいていて、生き様が(背景が)わかるようで、すごいと思った。

西郷の美城さん。外見も演技もぴったりで驚いた。(男優さんが演るより上手い?)
話がわからなくても、三人(桐野、西郷、永輝)が幕末を生きたというのが伝わってきたので、物語がリアルなものになったと思う。

吹優の妃海さんもすごく良かった。
桐野の北翔さんとの距離感が良く、当時の一人の女性像というのも伝わってきた。


ショーの「ロマンス!!」
岡田先生の"ロマンチックレビュー"シリーズはわりと好きで、こちらの方が目当てでした。
近年はいまいちだったが(06年「ネオ・ダンディズム!」は別)、「ラ・パッション―愛の媚薬―」「ナルシス・ノアール」なんて、何十年前なのに、場面や音楽まで残っているのです。

観覚えがある場面が出てきたり、以前と比べると印象が薄いが、色彩やセットはきれいで好みなので、良かった。
ちょっと変わっていたのはフィナーレ。大階段でなく、普通のセットでのダンスだったように思えたが、これは北翔さんの希望だったのでは?と思ってしまった。(皆と同じ平面で踊りたいというような。憶測にすぎないが)。


最後にやっぱり北翔さんのことを。
目にとまったのは、05年「JAZZYな妖精たち」から。休憩時、思わず隣りの人に「あれは誰?」と聞いたのだ。せりふが聴きやすくて(歌も?)、ファン候補になるかなと思ったが、演技は自分にはちょっと微妙で、(好きだが)それほどはまらなかった。
専科になった時はショックだったが、ファンだった香寿さんや安蘭さんのように(トップに)なれる可能性はあると思っていた。

「メリー・ウィドウ」を観た時、隣りの人が「みっちゃんのトップをあきらめていない。演目さえ合えば(お客が)入ると思うのに」というようなことを話されていて、自分も同じ気持ちだった。
実力面で十分他のことが補える。(劇団が)トップにしないのはあまりにももったいない。

トップになられた時は(しかも自分に縁がある星組で、相手役も最高で)本当にうれしかった。
退団公演もぴったりで、ご本人もファンも幸せだろうと思えるトップスターでした。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0