So-net無料ブログ作成

宝塚花組公演「雪華抄」「金色の砂漠」 [観劇]

宝塚花組公演を観に行ってきました。(1階A席)
久しぶりに"宝塚"で感動した公演でした。(今年の大劇場公演で一番)

日本物ショーを観るのは2007年星組の「さくら」以来です。(最後の「さくら」の場面がすごく好きだった)。
原田先生の初めてのショー作品で、四季の移り変わりや演出はおもしろかったけど、衣装の配色が思ったほど好みでなかった。(芝居の「白夜の誓い」の時など、色彩が好きだったので、期待しすぎたのか)
最後の場面はクライマックスなのに、きれいだが、それほど目を引かなかった。
主題歌もいまいち残っていない。
でも、初めて宝塚を観る人には、良い演目で良かったです。

芝居は上田先生で、大劇場二作目。すごく良かった。
最初の方は、せりふが聞き取れないところもあったが、話はわかりやすいので、引き込まれた。
最後までずっと目が離せなかった。客席全体が息をひそめているのがわかる場面もあった。

物語がシンプルでわかりやすい。主役二人の愛憎、ギィの出自、兄弟の対比、二世代の相似など、よくあるテーマでも、きっちり構成されているのか、すごく観やすかった。
変に凝らないのが良い。初めて宝塚を観る人にも理解してもらえる。

場面転換がスムーズで、セットが良かった。
音楽(主題歌)が近年ないぐらい印象に残った。(作曲家は誰?)

最後、ギィとタルハーミネの結婚で終わるかと思ったが、続きがあった。
タルハーミネは王妃になっても傲慢さは変わっていなかったのが彼女らしいので、この終わり方で良かったと思う。(タルハーミネはギィを見殺しにしたので、二人の未来は無理、という解釈で良いのかな?)
愛と憎しみ、相反する、二人の感情のドラマがおもしろかった。

フィナーレも物語の余韻を残したり、雰囲気を壊さないもので、上手かった。

ギィの明日海さん。今までの、良くも悪くも残らない演技が嘘のように引き込まれた。
DVDで細かい表情を観てみたいぐらいだ。

タルハーミネの花乃さんもぴったりだった。歌も演技も(お披露目公演とは)別人みたいに良かった。

第二王女の桜咲さん、盗賊の花野さんも印象に残った。

上田先生の作品は、今後ますます楽しみになりました。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0