So-net無料ブログ作成
検索選択

宙組「エリザベート」(2016年)DVD [観劇]

観劇関連の記事が続くのですが、舞台を観た時に興味を持ったので、DVDを買いました。
楽しみだったのですが、意外にも思ったほどひかれなかった。(舞台での感想と大まかなところはあまり変わらない)。

(以下、少し辛口なところもありますが(実咲さん)、個人的な感想なのでお許しを)

歌は良い。(コーラスの)歌詞が聞きとれるのは、かつてないレベルだと思う。
実力がわりと均等で演技もわかりやすい。
絵で言うと鮮やかな色彩で、きっちりした輪郭で描いたよう。
でも、にじみやぼかし、深い色合いの味わいみたいなものが失われたようで、慣れると飽きが来そう、というのが全体的な感想でしょうか。

主役(に見えた)のエリザベートに感情移入できなかったのだ。(自分には演技が単色で、繊細な感情の移り変わりがあまり見えない)。
おてんばで野性的な少女というのはわかるが、明るく、自己主張が強くて、現代人みたいに見えた。(そういう人だったのかもしれないが)。

親戚づきあいが嫌いな父に、はっきり「私も」とか、姉の見合いについて行った時「退屈」という言い方や動作など(初めてトートと会った時も)、自分には明るすぎる(元気すぎる)のだ。
それは結婚式や舞踏会など公の場でも垣間見えて、ゾフィーとのやりとりでも感じた。
困惑や追い詰められたあせりより、堂々と反論して、ゾフィーに怒っているようにも見えてしまった。「フランツ助けて」のせりふも説得力が薄くなる。(まして死のうとするのも)。

「私だけに」の歌は、わざわざ歌わなくても、その決意みたいなものはすでに出ているようで、あまり感動しなかった。(それまでに苦悩や感情の抑圧があったら、もっと生きてくると思うのだが)。
「シシィの居室」の場面はトートに身を任せそうになる苦悩が感じられず、感情の流れに違和感を持ってしまった。

二幕目は、孤独や苦悩の場面ばかりだが、演技が表面的に見えてしまって、感情移入できなかった。
印象に残ったのは、最期のルキーニに刺される場面。ようやく安らげたような表情が良かった。

トートの朝夏さん。
思ったより"普通"だった。でも、エリザベートとのバランスはその方が良かったように思う。
歌も思ったほどでもなかった。(一路さんの歌を思い出した。時代背景やエリザベートの運命を思わせる表現は朝夏さんでは聴けなかった)。

朝夏さんのトートは包容力があって、「ベルばら」のアンドレを思い出してしまった。
佇まいが気配を消すような、でも、黄泉の世界の人という感じが出ているのが絶妙。
時折見せる妖しさやねっとり感(?)にひきつけられる。

好きなのは、エリザベートとの絡みより、ルドルフとの場面。初演雪組と同じく、「闇が広がる」が、今回の作品の中で一番おもしろく、観入った場面になった。

フランツの真風さん。
上手いというのではないかもしれないが、「フランツだ」と思ってしまうぐらい説得力がある。
フィナーレの歌(銀橋)がすごく良かった。

ルキーニの愛月さん。
舞台で観た時はいまいちだったが、全体で観るとそれほど気にならなかった。
今まで観たことがない演技もあって、味があるようにも見えた。
でも、一番印象に残ったのはパレードの歌の時だった。何かひきつけられた。

ルドルフの桜木さん。
舞台で観て良かったが、映像で再び観られてうれしかった。
ビジュアルも良いし、もしかしてルドルフが一番感情移入できたのでは?と思える。かなり好きだ。

他に印象に残ったのはヘレネ。最初の出でヘレネだと思った。
そこそこ美人で、控えめ、長女気質な雰囲気がぴったりだった。

マデレーネ、少年ルドルフも良かった。


全体で観ると、主役はエリザベートに見えたが、良かったのは、トートとフランツ、ルドルフ。
場面では「闇が広がる」(銀橋)
群集場面の方が観ていておもしろく、プロローグ、「舞踏会」「ハンガリー独立運動」「最終答弁」など、好きだ。フィナーレも今までの中では良かった。

演出の変更は、以前の方が良いのは、「冥界」でトートがせり上がって登場するところ。奥から出てくる方が、神秘的だと思う。
「ミルク」の場面は、銀橋より初演の舞台上の方がドラマチックだと思うのに、銀橋のままだ。
「私が踊る時」の場面は要らない。(わざわざ宣言しなくても「私だけに」で十分。歌自体は好きだが)。
シシィと医者のトートとの場面は、真正面からの演出(途中で移動)にドラマ性がない。

不満もあるが、今回の宙組版は「エリザベート」を初めて観る人には一番おすすめできるバージョンだと思いました。

「『エリザベート』総括 その5」で朝夏さんのトートが「トータルでベストになるかも」と書いたが、ちょっと微妙。役のスタイルとしては一番正統派な気がしたが、歌と演技が、(一路さん、麻路さんと比べると)インパクトに欠けるかな。



 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0