So-net無料ブログ作成

ミュージカル「王家の紋章」 [観劇]

梅芸へミュージカル「王家の紋章」を観に行ってきました。
チケット難みたいで、取れないかと思っていたところ、取れたので、楽しみでしたが、がっかり感の方が大きかったです。(好みの問題だが)

役替わりキャストは
キャロル 新妻聖子さん   イズミル 平方元基さん


歌は上手い人ばかりで、聴き応えがあった。でも、それしか残っていないようで、内容がなかった。
原作漫画は、一年ほど前、文庫で1巻読んだきりで、主人公がエジプトへタイムスリップして、ファラオに恋される話だったけど、ほんとにそれだけみたいだった。

幕開きから、いまいち盛り上がらないなと思っていたが(なだらかな山みたいな)、二幕目は敵方の王子といろいろありそうと思って期待していた。でも、二幕目の方が退屈だったのだ。
それぞれの想いを歌うだけで(結構長いし、半分寝ていたかも。歌は良いので子守唄代わりになる)、物語が動かない。群舞で踊ったりしているけど、演出が単調だった。

人物像も薄くて、役者がもったいない。
アイシスに殺されるミタムン王女なんて、イズミル王子の復讐のためだけに出てきたみたいだ。キャロルの兄ライアンも、置いてけぼりでかわいそう。彼も何のために出てきたのかと思ってしまう。
アイシスは存在感あるけど、弟を愛しすぎている人だけみたいで、陰謀がメンフィスにばれるとか、キャロルとの絡みとか(原作にあったような?)、ドラマが何もない。

観ている時、竹宮恵子さんの「ファラオの墓」を思い出した。(同じエジプト物だったら、こちらの方がよっぽどおもしろそう。長さもちょうどいいし、話が完結している。スネフェルとナイルキアの悲恋、それで堕ちていくスネフェルだけでもドラマチック)。

音楽もいまいち残らなかった。衣装やセットはきれいだけど、これもそれだけ、みたいな。
荻田さんで、演出面だけでも期待したのだけど、全てに平凡な印象でした。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0