So-net無料ブログ作成

「自閉症の僕が飛びはねる理由」 東田直樹 著 [本(新書 他)]

これは以前、著者のテレビ番組を見たのがきっかけで、興味を持ちました。

自閉症の僕が跳びはねる理由―会話のできない中学生がつづる内なる心

自閉症の僕が跳びはねる理由―会話のできない中学生がつづる内なる心

  • 作者: 東田 直樹
  • 出版社/メーカー: エスコアール
  • 発売日: 2007/02/28
  • メディア: ペーパーバック


読んで驚きました。障害があっても、何もわからないわけではなく、(著者の場合)むしろ普通の人より考え方がまっとうだと思えます。端から見て変でも、著者なりの感性で行動せざるを得ないのが納得できました。
それは普通の人にも当てはまるのでは?というのを気付かせてくれました。

質問に対して答える形で構成されているのが、わかりやすいです。
「みんなといるよりひとりが好きなのですか?」「小さい子に言うような言葉使いの方が分かりやすいですか?」などの質問は、自分の経験と同じでびっくりしました。

最後の「自閉症についてどう思いますか?」の意見には、とても共感しました。
短編小説も良かったです。

全ての自閉症の方が、著者と同じ(考え方や障害)ではないですが、いろいろな可能性や心の中を知れて良かったです。
子育てをされている方にも、参考になる本だと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0