So-net無料ブログ作成
検索選択

宝塚宙組公演「神々の土地」「クラシカル ビジュー」 [観劇]

ちょっと忙しくなって、久しぶりです。
宝塚宙組公演を観てきました。(日にちが経って、記憶も薄れかけていますが)

芝居は上田久美子先生の作品で、すごく楽しみでした。
宝塚では少ないロシア物でオリジナル。(ロシア物は多分、観るのは初めてなのだ)。
漫画「オルフェウスの窓」の影響で、ロシアの話は好きなのです。

幕開きから、説明せりふばかりで、どういう話なのかわからず(しかも主役の登場が遅い)ちょっと不安になった。
でも、雪原(?)の場面がロシアの空気感がすごくあって、いつの間にか物語に入っていた。
衣装やセットが美しくて、音楽も良くて、宝塚を観ていることをすっかり忘れてしまった。

盛り上がる展開というわけではなく、演出も抑えた感じが多いが、後になってじわじわ来るような感じだ。一回きりでは細かい部分わかってないところもあるが、どの場面も内容があって、もう一度観たいと思わせる。(観るほどに深くなる作品な予感)。
最初から最後まで”ロシア”に浸れた。

今回は出演者をあまり意識せず、物語に入っていたので、個人の感想はあまり書けないかな。
ドミトリーの朝夏さん。最初からずっとドミトリーとして見ていた気がする。かっこよかった。
ロシア人(気質)に見えたのが何かすごい。

フェリックスの真風さん。あまり覚えていない。自然すぎて、素通りした?

イリナの伶美さん。ドミトリーとの関係が(脚本上)曖昧だけど、美しさと佇まいだけで説得力があった。

オリガの星風さん。かわいかった。感情の変化とか、一番見どころある役な気も。
酒場での場面は、せりふがちょっとキャンキャンしすぎだったかな。

ラスプーチンの愛月さん。怖かった。(ほめ言葉)
聖痴愚の二人もさらに怖かった。

酒場の姉弟、ラッダとゾバール。良かった。誰が演られているかと思ったら、ゾバールは桜木みなとさんだった。(ルドルフのイメージがあって、ちょっとびっくり)。
ラッダの恋人(名前忘れた)にも目が行った。(悲劇性が似合う人物だった)

皇太子アレクセイ。高貴で育ちがいい、でも、子どもらしい感じがぴったりだった。

農夫のイワン。味があって印象に残った。

出演者、皆良かった印象だ。(だから物語に入れた?)
機会があれば映像で観たい。



ショー「クラシカル ビジュー」
宝石がテーマで、酒井先生の「レ・ビジュー・ブリアン」と比べてしまう。(すごく好きだった)

稲葉先生の作品でわりと期待していたが、あまり覚えていない。
(タイトルはきれいなのに)衣装が好みでなく、場面も大まかな感じで素通りしてしまった。

過去の見慣れたショーとあまり変わらない印象だった。(一場面、アクロバティックなリフトにちょっとはらはらした。気が弱い私は、必要なのかな?と、つい思ってしまう)






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。